2019年12月27日

遠方の親族の葬儀参列はマナーを守って対応しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の家族が亡くなった場合、近隣や遠方など関係なく、親族全員に訃報を伝えるのが基本です。そして、訃報を受けた側は、特別なことがない限り、葬儀に参列するのがマナーです。ただ、遠方に住んでいる親族に関しては、なかなか参列できないということも考えられます。そのときの状況に合わせて対応するのが喪主の基本です。また、もしも参列してくれることになった場合は、マナーに沿って対応することが大切です。たとえば、一般的なマナーとして覚えておきたいことは、葬儀に参列する際にかかる交通費や宿泊費は参列者が負担します。

2019年11月27日

お通夜での喪主の役割はどういうものか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜における喪主の役割は多岐に渡ります。通夜振る舞いが始まる際や、閉式のタイミングでの挨拶が、葬儀の際での重要な役割です。故人を送り出すことが、残された親族の最後の役割です。挨拶をするにあたっても、どのような形で進めるかイメージできない方もいるでしょう。一般的には、自己紹介の後に、弔問へのお礼という流れになります。葬儀で話す内容は、ネットや書籍でも多くの例文が見られます。どのような話しであっても、大切になるのは、故人のために参列してくれた方への感謝の気持ちを表すことです。

2019年10月09日

葬式の準備は葬式会社にすべて任せよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な方が亡くなって葬式を行うことになったとき、準備するものや必須のものなど、何を用意したらよいのか分からないこともあるでしょう。そのときは、葬儀会社の方に尋ねれば、何が必要なのかすべて教えてくれるので安心しても大丈夫です。祭壇の準備から仏花の用意、そして火葬場の手配まで、必要なことはすべて行ってくれます。分からないところがあれば、質問すれば教えてもらえるため、迷うことなくすべてを終わらせることができるでしょう。

2019年09月14日

葬儀を執り行うに当たってこれだけは準備しておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀を執り行うに当たって準備すべきものとしては一般的によく知られているところでは、葬儀を執り行う会場や読経を行う僧侶が挙げられますが、実はそれ以外にも様々なものがあります。会場や僧侶以外で準備するものとして挙げられるのが棺や供花です。棺は遺体を収めるものとして必須のアイテムです。また供花は棺の祭壇に飾るアイテムとして、こちらも必須となります。また焼香鉢などの仏具も取り揃えておく必要があります。こちらは宗派によって取り揃えるものが多少異なりますので、菩提寺の僧侶に確認するなどして、適切に用意しておきましょう。

2019年08月02日

様々なスタイルが確立しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焼香の種類もたくさんあり、宗派によっても異なります。事前に確認しておくことで、トラブルを未然に防げます。臨終を迎えてから目まぐるしい時間が過ぎていき、別れをきちんと済ませることができずに終わってしまうケースもあります。納得できる葬儀になるように、事前の準備が大雪です。参列してもらう人数をあらかじめ割り出し、その人数に見合う会場や場所選びが必要になります。費用も大きく異なるため、裁断のスタイル選びもポイントになります。